2016年1月15日 お星様になりました・・・

★☆★ 保護犬 W.コーギー 『ウィリー』 ★☆★


ドッグセイバーズネットワークの保護犬です。

預かりボランティアの我家にて

家庭犬として終生、大事にお預かりしてます。

IMG_1486.JPG
【名前】ウィリー 【犬種】W.コーギー 【年齢】推定10歳以上

●狂犬病・混合ワクチン済み ●血液検査済み ●フィラリア検査済み ●ノミダニ予防済み
●フィラリア予防済み ●駆虫済み ●去勢手術済み 

2013年4月、茨城県動物指導センターより保護、
引き出し当時、会陰ヘルニアを引き起こしていました。
会陰ヘルニアの手術時、膀胱にいくつかの腫瘍が見つかり、移行上皮癌と診断されました。
今後の治療としては、内科治療となります。
抗がん剤治療はせず、症状の緩和を促すお薬を服用していきます。
生活の質の見直しをしながら、病気と闘って行こうと思います。

今現在、とても元気にしています。癌そのものの症状は出ていません。
食欲もあり、ウキウキしながらお散歩し、毎日家庭犬として犬らしい生活を送っています。

今後も今の状態を少しでも長く続けられるよう、
毎日お薬(「ピロキシカム」非ステロイド系消炎鎮痛薬)を服用しています。
H.26.6.22 投薬中断しました。

H.27・4 扁平上皮癌と診断されました。
毎日、楽しく穏やかにをモットーに過ごしています。

2015年04月14日

今を生きる!!


桜が咲いたというのに、ここ何日かなんという寒さ…雪
そして梅雨のように毎日、雨…雨
11149458_395521860619850_1905729709005761982_n[1].jpg



さて、ウィリーが我家に来て満2年となりました。
預かり当初は、「もって数カ月…」と言われましたが、見事に裏切ってくれましたぴかぴか(新しい)
先週、フィラリア投薬前検査に行ってきました。
結果は陰性手(チョキ) 今月末から予防を始めようと思います。
超音波・血液検査もして来ました。
血液検査はまぁまぁいいとして・・・。
実はウィリー、昨年あたりから右下顎に「デキモノ」ができていました。
それがじょじょに大きくなり・・・バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)
IMG_5115.JPG
当初は「様子見」だったのですが、おそらく「悪性」のものっぽいともうやだ〜(悲しい顔)

治療は・・・、切除するしかないのですが、それもリスクが伴うし。
とにかく麻酔に耐えられないだろうと・・・(おそらく下顎半分は切除することになるそうです)
口や鼻の治療は、獣医さん曰くいちばん厄介なんだそうです。
ウィリー、あわてん坊でオッチョコチョイなんで、よくコケるんですが
(食べ物絡むと特に・・・)
そんな時、顎を擦って出血してしまうんです顔(え〜ん)
押さえつけて止血、押さえつけると興奮して余計に出血・・・(-_-;)
なので、以前、獣医さんにこの様なお薬をいただきました。
10678814_367611086744261_7514055773013431846_n.jpg
※本当に先生には感謝ですm(__)m

手術となれば1週間は絶対安静の入院、
退院してからも今と同じ様に生活できるようになるまでは時間がかかるし・・・。
なによりも、ウィリーに残された今この楽しい時間を奪ってしまうことが
ウィリーにとって酷な事ではないか・・・。
先生と私は同意見でした。
そしてドッグセイバーズ代表にも報告、やはり同じ意見でした。


ウィリー、日に日に後ろ足が衰えてきています。
家の中ではほとんどと言っていいほど歩けてませんふらふら
が、外に出ると歩けますexclamation
1日2回はトイレも兼ねて公園へ。
公園では「狩り」の様におやつを与え、満足させてます。
食べ物を見るとまだまだ喰らい付くかのようにスゴイんですexclamation
で、家に帰るとご飯なので、タカタカ歩きます顔(イヒヒ)
この気力というか、食い意地というか・・・顔(ペロッ)

雨続きでも合間を見計らい、1日1回はお外へ犬(足)犬(足)犬(足)




ウィリーはドッグセイバーズネットワークの保護犬です。






ニックネーム むらぽん at 18:15| コーギー・ウィリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする