2016年1月15日 お星様になりました・・・

★☆★ 保護犬 W.コーギー 『ウィリー』 ★☆★


ドッグセイバーズネットワークの保護犬です。

預かりボランティアの我家にて

家庭犬として終生、大事にお預かりしてます。

IMG_1486.JPG
【名前】ウィリー 【犬種】W.コーギー 【年齢】推定10歳以上

●狂犬病・混合ワクチン済み ●血液検査済み ●フィラリア検査済み ●ノミダニ予防済み
●フィラリア予防済み ●駆虫済み ●去勢手術済み 

2013年4月、茨城県動物指導センターより保護、
引き出し当時、会陰ヘルニアを引き起こしていました。
会陰ヘルニアの手術時、膀胱にいくつかの腫瘍が見つかり、移行上皮癌と診断されました。
今後の治療としては、内科治療となります。
抗がん剤治療はせず、症状の緩和を促すお薬を服用していきます。
生活の質の見直しをしながら、病気と闘って行こうと思います。

今現在、とても元気にしています。癌そのものの症状は出ていません。
食欲もあり、ウキウキしながらお散歩し、毎日家庭犬として犬らしい生活を送っています。

今後も今の状態を少しでも長く続けられるよう、
毎日お薬(「ピロキシカム」非ステロイド系消炎鎮痛薬)を服用しています。
H.26.6.22 投薬中断しました。

H.27・4 扁平上皮癌と診断されました。
毎日、楽しく穏やかにをモットーに過ごしています。

2014年03月17日

@ウィリーと出会って


少しづつ暖かくなってきている様で、ようやく春桜が近くに感じる今日この頃です。

もうすぐウィリーと出会って1年になろうとしています。
ウィリーとのこの1年を振り返ってみることにしました。

ウィリーとの出会いはこの写真からでした。
茨城センター3月14日(木曜)収容 コーギー.jpg

センター収容時の写真

この表情を見て居た堪れない気持ちになりました。
当時、我家には預かり中のビーグルmixのがいました。
杏には( 私の予想に反して(^^;; )嬉しいお話をいただいていましたので、
杏のトライアルに合わせ、ドッグセイバーズ代表に相談、
「センターにコーギーが収容されているんですが・・・」
代表も様子をセンターへ問合わせしてくれました。
「元気そうだが、なんだか、お尻が、腫れている??」という返答。
が、代表は引き出しを決断、昨年4月10日、ウィリーはセンターを出ました。

※センターから引き出した時の様子がこちら→「コーギー・男の子 センターから引き出し」

収容されたのが昨年3月14日、収容期間が過ぎてもお迎えは来ず・・・
それからひと月近く、センターで待っていてもらいました。
引き出した時のウィリーは上の写真の面影がないぐらい変わってしまっていたそうです。

到着後、代表が自宅で一人でウィリーを洗って下さいました。
たった一人で、それはそれは大変な作業だった様ですたらーっ(汗)

そして翌日、病院にて健康チェック、「会陰ヘルニア」と診断、
寄生虫もいてガリガリの体、体力を付けてから手術することに・・・。

そしてその翌日4月12日、我家へ移動することに。
ウィリーとの初対面、状態を聞いていたので不安でもあり、そしてどんな子だろう・・・
と、楽しみでもありました。

代表との待ち合わせ場所で、車内のバリケン内でおとなしく寝ていたウィリー、
479896_590640940957410_1138985790_n.jpg

ウィリーと私の初対面はバリケン越しでの対面でした。

つづく・・・


ウィリーはドッグセイバーズネットワークの保護犬です。




ニックネーム むらぽん at 20:26| コーギー・ウィリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする